理念の体現.com

理念の体現。やりたいことをやり切る。あなたの理念を確立しましょう。「あなたは何によって憶えられたいですか」

*

お礼 只今、人類の物語の認知が広まっております

      2023/10/20


お礼 只今、人類の物語の認知が広まっておりますいつも、私の情報発信に目を通して頂いている皆様へ

どうもありがとうございます。
私の描いた人類の物語の「いいね」が200を超えました。
この物語は海外からもアクセスがあります。

2021年10月に世界に向けて公開した物語ですが、地道に、いいねの数が増え続けています。
この物語は2014年にブログ「理念の体現」の運営を始めてから、一つの区切りとなる作品です。

2022年に入ってからは、ヒトの定義を欲求を満たす主体に定めて、この物語を推進しています。

本記事では人類の物語を「ルサンチマン」を生み出した人類史の観点から補足して、これからの活動について宣言します。


*photo ACより入手

これまでの人類史はルサンチマン(社会に恨みを持つヒト)を生み出して来ました。
欧州から米国に移住したのは欧州で迫害を受けたピューリタン教徒です。
そして、奴隷制度を前提として建国しました。
今は公には奴隷制度は廃止されています。
この名残が合衆国憲法修正第13条、第14条、第15条です。

国連の英語名はUnitedNations、これを素直に訳すと連合国。
つまり、第二次世界大戦に勝利した連合国が主体の団体なのです。
この団体の設立、そして関連するWHOの設立にはロックフェラー財団が関与しているとする視点があります。
グローバル企業P&Gの御曹司フォスター・ギャンブルさんがお金の流れを追って調査した結果を、ギャンブルさんの視点でまとめた動画がYouTubeに複数の言語に翻訳されて公表されています。
教材 スライブ

日本政府は大東亜戦争を闘い、米国に原爆を投下されて終戦を迎えました。
開戦時の米国大統領 ルーズベルトさんは、戦争しないことを公約に掲げて大統領になりました。欧州で賠償金に喘ぐナチスドイツの始めた戦争に対して英国から軍事物資の支援の協力要請があり、直接参戦はしませんでしたが、間接的に参戦しました。そして、真珠湾攻撃で戦争反対だった米国民が参戦に傾き、第二次世界大戦に参戦しました。この真珠湾攻撃、ルーズベルトさんは日本の暗号を解読して事前に知っていたとする視点があります。また、日本は終戦交渉を打診していたが米国が拒否していたとする視点もあります。戦後の戦勝国による裁判、東京裁判とニュルンベルグ裁判。ニュルンベルグ裁判は資料が公開されていますが、東京裁判はまだ資料は公開されていません。
開戦前の欧米の対日政策は、日本を植民地にすることが目的でした。
戦後、日本人に限らず欧米人の中にも大東亜戦争は自存自衛のための戦争だったとする視点を持つヒトが現れたことが証明しています。

米国が推進してきた新自由主義を「今だけ、金だけ、自分だけ」を説明するヒトがいます。
米国の社会秩序が乱れているとすると、この新自由主義が原因だと私は考えます。
これは、利権、偽旗作戦、プロパガンダ、により、支配者が自己が仲間だと想定しているヒト達だけがお金持ちになる政策を新自由主義として推進して来た結果なのでしょう。

この中心にいるのは、公開されていない株主。
すなわち、中央銀行及び兵器製造メーカーの株主。
そして、投資会社、ブラックロックとバンガードに出資している資本家。

ウクライナ紛争が続き、米国が兵器をウクライナに支援し続けると、世界中からお金を集めて、貧富の差の拡大により自己の物欲と支配欲を満たそうとしている個人が特定しやすくなり、
COVID19の次の感染症で、そのワクチンの製造販売により、利益をあげる製薬会社とその株主の中から、物欲と支配欲を満たそうとする個人が特定しやすくなるでしょう。

そして、その個人は結局一人に行き着くか、もしくは、実は、誰もそんなことは望んでいなかったが、古い体制から離脱できないまま、いつか、自己の破滅がやってくると思いながら、お互いが仲間を演じていた集団があったという事実が明らかになるでしょう。
それは、2025年までにやってくると、私の直観が言っています。

個人が物欲と支配欲を満たすために、少数が秘密裏に多数を支配する企みが続いてしまうと、ルサンチマンがいなくなりません。

鬼には鬼になる理由があること。
物欲と支配欲は身を滅ぼすこと。

この事実は日本人のみならず、すべての文化圏で共有できる。

合意の前に尊重

この仮説が正しいかどうかを実証するのが、これからの私の活動です。
それは、そのまま、人類の物語を推進することになります。

人類の物語の推進の指針は、

強制はしないさせない
過去は関係ない
永遠の今を生きる
永遠の今を創る
今幸せを感じて次の幸せに向かう
一緒に

それを推進することで物欲と支配欲を満たしたい個人は誰なのか?
当たりをつけて詳細を明らかにします。

この人類の物語は、参加者が増えれば増えただけ、その達成時期が早まります。
この物語は、宇宙ができて地球ができてそこに人類が現れたとする、ヒトの認知システムの原理を反映しています。だから、いつかこの物語を誰もが体現する景色が人類の前に現れます。
それがいつになるのか、その景色を最初に視るのは誰なのか、そして、最後に視るのは誰なのか。

この最終到達点の実際が未知なだけです。

利権、偽旗作戦、プロパガンダが不要なルサンチマンを生み出さない社会システムを、戦争ビジネス、ワクチンビジネス、環境ビジネスの変更管理によって体現します。

あなたの活動と重なる部分は一緒に推進して行きましょう!

#民衆からの搾取を続けたいのは誰だ
#SmartRevolution

変更管理

20231020: 「この物語は海外からもアクセスがあります。」を挿入。

 - イノベーション, 社会 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
言葉を創る超論理ビジネスコーチング ver.1.1

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております仕事を通じた人財育成をコ …

氣づく

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております「思い込みは本人が氣づい …

フレームとパターン

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております「内観と外観の間に身体バ …

no image
有用かつ信頼性の高い情報を得るための基本コンセプト 籠谷邦夫さん

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっておりますDecision lea …

未知の課題に備えるリテラシーの時代

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております2020年3月3日 コロ …

principleからマインド・ドリブン・ソサイエティへの相転移

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております「すべてのヒトが夢中にな …

強みを活かす

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております「今、治療に使われている …

教材 新薬の薬価収載と株価

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております「ペマジール」「イズカー …

意見の違いを乗り越えてチームをまとめる方法とは

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっておりますこれから起業しようと思っ …

指針 社会のリスクマネジメント

Checkお礼 只今、人類の物語の認知が広まっております目的:社会課題を解決する …