理念の体現.com

理念の体現。やりたいことをやり切る。あなたの理念を確立しましょう。「あなたは何によって憶えられたいですか」

*

Sの字を描く

      2019/05/21


Sの字を描く「あなたの記憶の向こうにある本当の自分。感じようと思えば感じるコトは出来ますが、そうしようとしなければ感じるコトは出来ません。確実に本当の自分はあるのですが、それを証明することは、今の時点では非常に困難です。」
(シモムラタクジ, マインド・ドリブン・ソサイエティ α, affirmativeArchitect出版, 2018)

あなたはご自身の動き方をどのように表現をされますか?

突発的、
継続的、
周りの人と一緒に、
単独で、
自由に、等

ヒトそれぞれなのでしょう。きっと。

では、その動き方は、どこで身につけられたのでしょうか?

生まれてから、
自転車に乗るとき、
仕事を通して、
学校で、
クラブ活動で、
野球で、
フィギアスケートで、
サッカーで、
塾で、 等

また、これもヒトそれぞれなのでしょうね。

慣れ親しんだやり方ではなく、全く新しいやり方に挑戦しよう。

私の動き方は、Sの字です。
これは、サッカーで身につけました。

小柄だった私は、接触プレーが得意ではありませんでした。
だから、ボールを受けるときはフリーの状態になる技術を磨き、ほぼ、それが可能なレベルに到達しました。

もう一つ、
ボールを常に動かし続けるプレースタイルになりました。
それは、相手との間合いをはかり、相手の裏を斯く動きを創り出すためです。ボールの左右の動きに相手が反応した瞬間、その逆を衝きました。

この2つは攻撃の場面で身につけた動きです。

“そして、立案された全社レヴェルでの目標を各部門や部署に落として、部門や部署が目標達成に向けて計画を立てて実行していくことになります。”
(中原淳, 中村和彦, 組織開発の探求, P.209, ダイヤモンド社, 2018)

では、守備の場面ではというと、
相手をマークする時に、相手に私の位置を気づかれないように近いてました。

最後に、もう一つ、
サッカーのリズムです。1, 2, 3の3拍子の繰り返し。

これら4つ、体得した動きが、私のイメージとしてSの字なのです。

英語で言えば、SimpleやSharp。
時間を掛けない、深部で一つの動きに同調して行く。

“ドーパミンは、予測していた報酬よりもたくさんの報酬が得られたとき(つまり予測誤差がプラスのとき)に放出量は高くなり、逆に予測していた報酬よりも小さいとき(つまり予測誤差がマイナスのとき)には放出量が少なくなる。そして、予測していた報酬と同じだけの報酬が得られた場合には特に変化は見られない。予測誤差を計算しながら予測誤差を小さくなるように行動の系列を学習していくと、将来、あの人が来たらこういうことが起こる、と正しく予測できるようになる。これは大脳基底核のおかげで、扁桃体や視床下部の情報が大脳基底核ループに入力され、(報酬を予測することで実行した)さまざまな行為が強められたり弱められたりすることによって最適な行動系列が学習される。”
(乾俊郎, 感情とはそもそも何なのか, P.31, ミネルヴァ書房, 2018)

このSの字。

動きをイメージする自分
動きながら感覚を確かめる自分

体感覚として私の身体が憶えていて、仕事の場面でもこの動きが出てきています。

記事「本当の自分を感じる」を具体的に実際私がどう感じるのかをまとめました。

時間を掛けない
Simple

あなたはどんな動き方をしていますか?

#STheory

 - イノベーション, コーチング, サッカー, プロセス, リーダーシップ, 下村拓滋, 体系, 個人, 意思決定, 成果, 成長, 技術, 抽象度, 言語化 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

物欲からの相転移

CheckSの字を描く「ヒトは自分自身を幸せにするサービスの開発担当者と考えて、 …

Individual Leadership Quality

CheckSの字を描く「精神には常に自分の意図があります。覚醒状態では、常に感覚 …

Project affirmativeArchitect White Paper

CheckSの字を描く2020年7月1日執筆開始(骨格を開示) *順次、加筆中。 …

チャレンジと知識技術の習得

CheckSの字を描く「社会は個人の能力を最大化する方向に今後、益々発展して行く …

理系の社長 パナソニック 津賀一宏さん

CheckSの字を描く 会社の力は論理的に意思決定ができる体制作りと言えるのかも …

【意思決定クラブ】理念が現実を生み出す サッカーの世界から観えるモノ 3

CheckSの字を描くあなたは言葉で変る。 意思決定コンサルタント 下村拓滋です …

no image
チームの連動の意識を高める 1.周りを観る。

CheckSの字を描く「あなたは言葉で変わる。」 意思決定スタイリストの SHI …

no image
人財育成のモデル 観点3 by T. S.

CheckSの字を描く皆さん、こんにちは。あなたの理念の体現を支援する SHIM …

会社員の悩み

CheckSの字を描く「サッカー型組織ではアイデアは『1枚の絵』で提示する文化が …

no image
「この1品」で全国ブランド 大庭牧子さん

CheckSの字を描く皆さん、こんにちは。SHIMOMURA Takujiです。 …