理念の体現.com

理念の体現。やりたいことをやり切る。あなたの理念を確立しましょう。「あなたは何によって憶えられたいですか」

*

コロナ感染対策 漢方

      2020/05/22


コロナ感染対策 漢方2020年5月4日執筆開始

2020年5月2日 加筆修正
・タイトル「診断と治療の全体像」→「漢方」
・タイトルの変更に合わせて、文章を変更した。

本情報はご自身の責任においてご活用ください。
具体的な治療については、受診された医師とご相談して決めてください。

様々な団体からCOVID19に関する情報が提供されています。
ここでは、日本医師会のwebサイトから、ページ「新型コロナウイルス感染症」、日本感染症学会を情報源とします。
こちらのページには多くの情報が集められていますので、ご参考にされてください。

この記事では、コロナ感染対策としての漢方を取り上げます。

私は子供の頃から漢方に注目していました。
当時、周囲の大人から漢方には副作用がないと聞いていたからです。
本当は証(しょう、漢方における診断結果)が合ってなければ、副作用もあるようです。
また、「好転反応」があることも知りました。よくなる前に症状が悪化する反応のことです。
この「好転反応」はその後、本当によくなって行くのか、それともそのまま悪くなって行くのかは、本当のところ私にはよく分かりません。

漢方は東洋の医療です。
西洋医学は臓器別に治療を進歩させてきましたが、東洋医学はその前からヒトをまるまま治療の対象として来ました。
西洋にもハーブを取り入れた民間療法があるので、昔は今の東洋医学と同じような治療をしていたのだと思います。

漢方は体が元々持っている働きによって病気を直す知識技術体系です。
病気の定義が体の陰陽のバランスが崩れている状態なので、このバランスを調整するように漢方薬が処方されます。
だから、段階的に処方が変更して行きます。

最も良い薬は、毎日食べている食材。

これは薬学部の漢方の授業で、最初に先生がおっしゃった言葉。
私もそう思っています。日常生活に健康を維持し、増進する習慣を取り入れていれば、病気になることはないと考えています。
また、身体の変調を察知する感覚も必要だと思います。私の場合、眠気が変調のサインで、この時は睡眠が体調を整える手段になります。

未知の感染症は診断法、治療法とも確立していません。

もしかしたら、あなたも私も生まれてからこれまでの人生の中で、未知の細菌や未知のウィルスに感染しているかも知れません。
風邪のような症状があったり、そこまで行かなくてもどうも体が変だと感じていたり。もしかしたら、感染に全く気づいていないかも知れません。
体の反応は未知の細菌やウィルスに感染したときのあなたの体の状態や、相性によるのでしょう。

漢方には免疫力を高めると言われる処方があります。
これまであなたがそう言われている漢方薬を服用されたことがあるかも知れません。私は服用されたことがあります。
証は正しいか、あなたのその時の体と処方された漢方薬とは相性が良いか。いつ、効果を実感できるのか。

これらのことは漢方薬を服用する前には分かりません。すべて服用した後に分かります。

病気にならなければ、普段、自分の体を観察することはないかも知れません。
病気になると、自分の体の変化に敏感になり、その推移を観察されていらっしゃる方は多いと思います。

これから先、いつ未知の感染症と出会うことになるかも知れません。その時、体の変調を察知できれば、それに対応することができます。
あなたが自分の変調に気付けるようになること、その対応手段を持つこと。
これが、あなたの健康の #リスクマネジメント になると思うのですが如何でしょうか?

また、あなたにとって正しい証を診断してくれる漢方医を身近に見つけておけば未知の感染症にかかった時、漢方も治療の選択肢の一つになるでしょう。

私はこう考えたので、今回のコロナ感染における漢方の処方例をまとめることにしました。

中国は漢方発祥の地です。
二つ目の資料のP.10以降に、「(四)中医学」による治療としてまとめてあります。
一つ目は日本の専門家がまとめ、二つ目は中国の専門家がまとめました。

・「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第1版
“「一類感染症等の患者発生時に備えた臨床的対応に関する研究」による作成。8名の共同執筆。”

新型コロナウイルス肺炎診療ガイドライン(試行第 7 版)
“中華人民共和国国家衛生健康委員会弁公庁 中国国家中医薬管理局弁公室による発行。日本語訳”

漢方薬の有効性について、日本の医師が中国の公表文献から解説をしています。漢方の証にあった漢方薬の処方は症状の改善が期待できそうです。

COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方(特別寄稿)

「中華人民共和国国家衛生健康委員会の 2 月の発表 8)では、清肺排毒湯での治療を確認済みの 701症例のうち、130 症例が治癒および退院し、51 症例の臨床症状が消失し、268 症例の症状が改善し、212症例が悪化せず安定した症状改善を示したと報告されています。COVID-19 に対する清肺排毒湯の効果的な治癒率は 90%以上です。」

国内の症例報告にも漢方薬の処方例があります。

COVID-19 に対して漢方薬が重症化抑制に寄与できた可能性を示す 2 例

「本学会の緊急症例報告の中でも、本症例と同様に漢方薬を用いて速やかに症状の改善が認められた症例報告がある 14)。日本におけるCOVID-19 の漢方薬の治療効果が確認され、治療方法が確立されることが望まれる。」

酸素投与が必要だったが対症療法のみで改善した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)肺炎の一例

「対症療法として麦門冬湯エキス顆粒および半夏厚朴湯エキス顆粒とアセトアミノフェンの内服を開始した。」

#COVID19 #診断と治療 #漢方薬の有効性

 - コロナ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コロナ以外のウィルスが身体の中で増殖する仕組み

Checkコロナ感染対策 漢方#コロナ感染対策エコシステム 2020年4月26日 …

コロナウィルス 疫学

Checkコロナ感染対策 漢方2020年4月29日執筆開始 5月6日 台湾 JA …

コロナウィルス感染 国内臨床試験

Checkコロナ感染対策 漢方2020年4月28日執筆開始 情報を見つけたタイミ …

提言:コロナ感染対策のエコシステム

Checkコロナ感染対策 漢方#拡散希望 #コロナ感染対策エコシステム 2020 …

コロナウィルス治験薬:Remdesivirの臨床試験(New England Journal of Medicineより)

Checkコロナ感染対策 漢方#拡散希望 2020年4月11日執筆開始 5月9日 …

コロナウィルス感染の治療: ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンの併用療法

Checkコロナ感染対策 漢方2020年4月24日 標記併用療法の記事および臨床 …

コロナウィルス感染 海外の臨床試験

Checkコロナ感染対策 漢方2020年4月28日執筆開始 海外の臨床試験の情報 …

コロナウィルスの感染拡大対策:Fangcangシェルター病院(Lancetより)

Checkコロナ感染対策 漢方2020年4月12日 #拡散希望 本記事は4月3日 …

コロナ感染対策:診断

Checkコロナ感染対策 漢方2020年5月9日執筆開始 目的 主治医が治療の患 …

コロナ感染対策:インフルエンザとの同時感染

Checkコロナ感染対策 漢方#コロナ感染対策のエコシステム 2020年5月6日 …